お知らせ

  1. トップ
  2. 新型コロナウイルス感染症対策について
  3. 新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組み

本校では、新型コロナウイルス感染拡大防止のために、以下の取り組みを実施しています。

1.検温・消毒の徹底

校舎入り口に「サーモカメラ」を設置。学生はもちろん、教職員・講師・搬入業者も毎日検温を実施しています。
また、各フロア、各教室すべてに非接触型体温計・消毒液を用意。
校内への入館時はもちろん、各実習室入室前の検温・消毒を徹底しています。
学生・教職員・講師全員のマスク着用を必須としています。

2.体調管理

学生・教職員・講師用に新型コロナウイルス感染防止マニュアルを策定し、配布しています。
日常の手洗い・うがいの励行、また発熱等の体調不良の場合は、無理をせず休みを取ることや 適切な手順を取り、医療機関等へ受診することなどを周知しています。
その他、エレベーターでの密を防ぐため、階段での移動を行っています。
実習室、教室は常に換気を行い、空気の入れ替えを行っています。

3.実習時の対応

入室時に検温、入退室時に消毒を行います。
実習中は、マスクおよびフェイスシールドの着用を、学生・講師・アシスタント全員に徹底しています。
講師のデモ時は手元をカメラで映し、遠い位置からでも画面を通して確認できるよう配慮し、 ソーシャルディスタンスを保てる座席配置を行っています。
また、密を防ぐため、1クラスを半分にし、授業を実施しております。
実習作品の試食の際は、対面で座らない・会話をしない・回し食べをしない等徹底し、 試食時間を最小限に抑えています。

今後もさらなる感染拡大防止策を施し、学生・教職員全員が安心して学校施設を利用できるよう努めてまいります。