WEBTODAY

2008年12月19日。豊中駅近くの閑静な住宅街に、野菜とつぶつぶの店「APSARA CAFE(アプサラカフェ)」がOpenしました!
フードビジネス科卒業生の松井さんがご主人の二人で開業したお店は、アジアンリゾートをイメージしたとってもオシャレなカフェです。
メニューは野菜や米、ビールなどもすべて地元産にこだわり、特にお米は大阪府の認定を受けたエコ米を使用。またインドやタイのスパイスを取り入れた、本格的なアジアンメニューもラインナップ。デザートもすべて手作りで、温かい「カボチャのぜんざい」や「ほうじ茶プリン」など、優しい甘さに癒されるメニューが人気です。
定番の「アプサラ定食」は和とアジアンを組み合わせたメイン料理に野菜の小鉢が3皿、ご飯は玄米or八穀米から選択、それに麦味噌のお味噌汁がついてとってもヘルシーでボリュームも満点です。
お店の外観は、緑に囲まれた落ち着いた雰囲気で、店内に28席、テラス席が10席と、広くて開放的な空間です。店内はアジアンの小物でコーディネートされ、アロマの香に心が安らぐようです。
お店のコンセプトが「手作りを大切に」ということで、改装の際には壁を自分達で塗ったり、インテリアも既成品をベースに自然塗料を塗ってイメージに合うものに仕上げたそうです。また、椅子のカバーやクッションもすべて手作りで、そのせいか店内にはやわらかく温かい雰囲気が漂っています。「アプサラ」とはカンボジアの天女のことで、店内にもその像が飾られています。東南アジアの田舎のお茶屋さんにいるように、のんびり、ゆったり、ゆっくりしてもらえたら・・・そんな思いで作られたお店には、一度来た人は必ず次に大切な友達や家族を連れてまたやってくるようです。
皆さんもぜひ一度、体も心も癒されるアプサラカフェを訪ねてみてくださいね!

店名 「アプサラカフェ」
住所 〒560-0021
大阪府豊中市本町6-1-3
195ストリートビル1F
TEL/FAX 06-6854-5188
営業時間 11:00〜21:00
(ランチLO15時、
 ディナーLO20時半)
* 水曜定休

雑誌記載情報
成美堂出版発行「大阪カフェブック2014-15」卒業生・松井さんのお店がご紹介されました。


シティライフNEW発行「北摂グルメ 吹田・豊中・箕面」卒業生・松井さんのお店“アプサラカフェ”がご紹介されました。


京阪神エルマガジン社「CAFE BOOK 京阪神のカフェ」卒業生・松井さんのお店“アプサラカフェ”がご紹介されました。


「ランチに行きましょ!vol.2 北摂・阪神の200軒((株)シティライフNEW発行)」卒業生・松井さんのお店“アプサラカフェ”がご紹介されました。


「Richer(リシェ)2009年8月号(京阪神エルマガジン社発行)」に卒業生・松井さんのお店“アプサラカフェ”がご紹介されました。

「Hanako WEST(ハナコ ウエスト)2009年9月号(株式会社マガジンハウス社発行)」に卒業生・松井さんのお店“アプサラカフェ”がご紹介されました。

 




(C) Osaka School of CULINARY ARTS. All Rights Reserved.